top of page

節電の難しさ

更新日:2023年3月28日

春1番が吹き去り三寒四温で暖かい日が増えようやく春を感じ始めてきました。

こんにちはすずらん橋本です。


今年に入ってから急激に高くなった電気代を受けてすずらんでは職員含め利用者の方々に節電を呼びかけていました。

使っていない場所の電気を消すことから就寝時のエアコンの使用を抑えたりといった声掛けをしてきましたが2月はまだ寒い日が多く就寝時のエアコンを使用しないとなると寒くて寝れない人もいたため掛ふとんの購入や暖かいパジャマの購入も同時に進めました。


やれることをやってきてこの1ヶ月の成果は...電気代自体は下がっていました。ですが肝心の電気の使用量は1割から2割ほど増えていました。内訳はどうやら燃料費が低くなっただけだったようで実質節電は出来ていませんでした。


夕食をリビングに食べに来る時部屋の電気は消しましたかと声掛けを何度かしてきましたが「あ、忘れた」と電気を消すのを忘れている人が多かったように感じます。

特性上覚えるのが苦手な人も多いため声掛けを定期的にしてきましたが何も意識していなかったときより使用量が増えたのは残念で仕方ありません。

普段何も気にせず使用してきた電気なのでこまめに消すことを声掛けなしで意識してもらうにはまだまだ時間が必要そうです。


これから暖かくなってくるのでエアコンの使用も減り電気代も減るとは思いますがこれからも電気代の高騰は続きそうなので夏に向けて節電への意識改革は続けていくつもりです。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page