top of page

2023年、後半のブルースターはどうなる?

おはようございます。

7月に入りましたね。

2023年も折り返しとなりました。

株式会社ブルースターは6月に新しいグループホーム「ティーツリー」を立ち上げました。まだ立ち上げ1ヶ月目ですのでスタッフ達は試行錯誤の日々です。

(利用者さんの募集はまだまだ行っておりますので、是非よろしくお願いします!!)


そして2023年の後半、ブルースターでは新たな試みを考えております。

それは「スタッフ間やスタッフ自身の中へ新しい風を吹かせる」です!!


まず放課後等デイサービスの子供たちへの支援の幅を更に拡げ深めるために、福祉国家で有名なデンマークにて特別支援学校の現役の先生である【ピーダーセン海老原さやかさん】と特性のある子供たちとの関わりや支援についてZOOMにて研修を行っていただいたり、障がい福祉に関する意見交換を行える場をセッティングする企画があります。


また全スタッフへの福利厚生の一つとして『自らの心を守る』ことを考えたり、その方法を身に着けながら日々の業務を遂行出来るようになってほしいと考え

一般社団法人COMHCa (コムカ)】という『対人援助に携わる方々を支え協働する団体』の方々との研修や対話を企画。それらを通して自らの心を守りながら力強い支援を継続していくことが出来るようになっていけたらと考えております。


昨年までの3年間はコロナ禍でしたのでZOOMでの研修ばかりでしたが、今年度は少しずつ対面での研修やそれぞれの事業所の垣根を超えた交流(対話)を増やしていきます。スタッフが新たな学びや自分自身の中の気付きを増やすことで、必ず利用者さんへ良い影響が表れると信じております。2023年の後半もあっという間に過ぎてしまいそうですが、日々の時間を有効に使って次なるステップを利用者さんもスタッフも一緒に踏めるように努力を重ねて参りたいと思っております。どうぞこれからの半年も宜しくお願い申し上げます。


【文責:花岡】




閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

COMHCa研修

Comments


bottom of page