top of page

新年に思うこと(自分を褒めるということ)





新年の始めにスタッフとロングミーティング。

その際に『2022年に自分自身が頑張ったこと』を各自3つずつ挙げてもらいました。

『自分のことを褒める』、しかもそれを人前で発表するということをしてきていないと考えました。ですので2023年の始めに、昨年どの分野に関して努力を重ねたかなど、スタッフ自身の口から発表してもらいました。各自、自分たちの努力が形となって会社や利用される方々へ提供できたことを挙げ、しかもそれを今年は更に進化させたい(もっと深めたい)と語っていました。弱点の克服も大事なのですが、それよりも自分のもっている強みを更に拡げて深めることで自信と責任が付き仕事も更に楽しくなるのではないかとミーティングを通して感じました。小さな会社ですので、得手不得手があったとしても全社員・パートを含めての総力戦には変わりません。その中でしっかり自分自身の仕事を見つめ、他のスタッフの状況を察し、各自が積極的に「意思疎通」を図ることで新たな年を昨年よりも更に良い年と出来るように努めて参りたいです。

(意思疎通を図る→→簡単なようで本当に難しいですし奥が深いですよね。)

 

 また放課後等デイサービスの子どもたちは3学期が始まり高校3年生はいよいよ卒業の準備となります。小学生の小さな頃から見てきた彼らが「学生」ではなくなり『大人』として社会へ出ていくために放課後等デイサービスの立場で何が出来るか、スタッフ達は日々真剣に考えております。今年は株式会社ブルースターのもう一つの事業所「グループホームすずらん」への親子見学などを企画してみてはどうだろうか?などという案も出ています。

3月31日まで残りの日々をカウントダウンしながら、本人や保護者の方の心配を少しで減らして自信をもってデイを卒業できるように全力を尽くして参りたいです。


 2024年には創立5周年が待っています。一つの大きな節目に向かってやりたいこと・できることをしっかりと企画し実現できる会社でありたいです。そのためにしっかり「今」を歩んで参りたいので、どうぞご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。




【文責:花岡】









閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

COMHCa研修

Comments


bottom of page