top of page

夢の国まで 1ヶ月!!!

こんにちは!すっかり暖かくなってきましたね。

グループホームすずらんのNです!




現在すずらんでは、株式会社ブルースター始まって以来の大イベントを5月22日に計画しています。




なんと!遂に!利用者さんが念願にしていたディズニーランド計画です!!!




すごーく楽しみな半面、同行するスタッフは、何事もなく無事に帰ってこられるか今からドキドキです。。笑




特性が様々な方たちを連れていく中で、体調面や乗り物や人混みでパニックにならないか、迷子にならないか、最後まで問題なく集団行動ができるのか。私たちが責任を持ってホームに帰すためには、たくさんのことを考慮しなければなりません。




ディズニーランドパーク内の障がいのある方に向けたサービスも調べました。障害のある方や、妊娠中や高齢の方など、一時的に体の機能が低下している方に向けたサービスが記載されている『東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック』というガイドブックをお問い合わせをすると送っていただけるとのことでしたのでお願いをしました。







そちらをよくよく熟読をして主に私たちが利用できるサービスは、【ディスアビリティサービス】といい、障がい者手帳等を所持している方に向けたサービスで列に並ぶことのできない方が並ばずに乗ることができるものなります。


障がい者手帳等を所持している方でしたら、1日に1度利用することができ、いわゆるファストパスのようなサービスです。


当日、アトラクションにいるキャストさんにお願いをすれば簡単な手続きとして写真を撮影したり手順を踏む必要がありますが対応してくださると思います。



他にも、アトラクションによっては、障がい者の方1人につき同伴者数名など原則が定められていました。確かに、ディズニーのアトラクションは地震などの緊急時や運行上のトラブルで走行中に停止をしてしまった場合には、歩いて外に出なければならないことなど稀なことではあると思いますが、特性のある方には耐え難い場面もあるかもしれません。安全に楽しむためには必要なことであると感じました。


まだまだ私も調べきれてないこともありますので、詳しく知りたい方は東京ディズニーリゾートまで直接お問い合わせをしてみてください。





今回、普段1人では行けない場所に連れて行き楽しい思い出を作ってあげたいというスタッフの思いから実現いたしました。何事もチャレンジ精神のすずらんスタッフは頑張りたいと思います!!もちろん、楽しむことが大前提です♪♪♪



今から利用者さんたちは、あれも乗りたいし~これも食べたいし~グッズ見る時間あるかなぁ?など楽しい会話が尽きません。



また、すずらん利用者さん達の大半の方がこのような場所には、1人またはお友達と行くことができません。様々な特性や事情があり行きたくてもいけないことが実情です。



ここで上げられる理由としては、何かあった時に、人に訪ねたり話しかけられない。道に迷ったらどうしよう。慣れない場所に行くことが怖い。また大きな問題としては、金銭的事情です。



養護施設出身の中には、ご寄付で中学生の時に行ったことのある方もいます。グループホームでは自分の好きな日に、行きたい所に連れて行けるようなサービスはありません。

一部の方たちは、特別な機会に巡り合わない限り遊園地も旅行にも行けないのです。この場では、ありのままを書かせていただきますが、これが現実です。



今回の企画の実現は皆様からのご寄付があってこそなのです。本当に有り難いことですし利用者さんたちにとっては貴重な人生の大きな思い出の1ページになると思います。


利用者さんの中には、何度も同じ話を繰り返す方がいるのですが、昔行った遊園地の話を今でも何度も何度も話すのです。それだけ心に残っているからなのではないでしょうか。




この仕事に携わるなかで、限られた選択しか出来ないことや数少ない楽しみで生きている方たちを見てきました。このようなことからも今回ディズニーランドにみんなで行けるということは、私たちの中では本当に価値のあるものだと思っています。


1ヶ月後には、たくさんの写真と共に感想レポートを載せたいと思っております♪

是非、楽しみにしていてください~^^☆



本日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page